引越し手続き・荷造り・挨拶 準備ガイドのことなら、是非当サイトを参考にして下さい(^_-)-☆

引越し ダンボールのコツ 3

引越しのダンボールに荷造りをする時は、ダンボールの中に何を入れたかを、箱の外に簡単に書いておきましょう。
引越しが終わったあと、急いで荷解きをするダンボールと、あとからゆっくりでもいいダンボールが外からわかると安心です。

引越し荷造りは、本・雑誌・書類など重いものは小さいダンボールに、衣類など軽いものは大きいダンボールにつめるのがコツです。
小さいダンボールでも、本をぎっしり詰めたりすると重くて持ち上げられなくなりますので、軽いものと組み合わせて詰めるとなおいいでしょう。
衣類は軽いので、たくさん詰めても大丈夫です。

ダンボールの底は組み込まずに、きちんとガムテープで止めます。
十字に止めておくとさらに丈夫になって安心です。
本など重い荷物を詰める時は、底が抜けたりしないよう特に厳重に止めましょう。

引越しが終わって荷解きをすると、使用済みのダンボールが山のように出ます。
それぞれの市区町村でダンボールの収集日が決まっていますので、調べておいてルール通りにきちんと出します。
マンションなどではダンボールを出す場所が他のゴミとは違っていたり、ダンボールを出すことが禁止になっているところもありますので、事前によく確認しておきます。

引越し業者によっては、引越し後ダンボールの無料回収をしてくれる業者もあります。
これも事前に確認しておきましょう。

«  引越し ダンボールのコツ 3  »