引越し手続き・荷造り・挨拶 準備ガイドのことなら、是非当サイトを参考にして下さい(^_-)-☆

引越し挨拶のコツ 3 女性の一人暮らしの場合

新居での引越し挨拶は、挨拶して顔と名前を知っていただくという意味合いがありますので、できれば夫婦、親子など家族全員で伺いましょう。

もしも小さな子供や赤ちゃんがいる場合は、
「小さな子どもがいるので、物音など立ててご迷惑をおかけすることがあるかもしれません、申し訳ありません。気をつけますので、どうかよろしくお願いします 」と申し添えておくのがお勧めです。

子供がいれば、気をつけていてもどうしても泣き声や物音など立ててしまうものです。
そんな時、挨拶なしでは近所迷惑ですが、きちんと挨拶をしてあれば、「そういえば小さなお子さんがいるって、引越し挨拶に来られたとき言ってらしたから・・・」と理解して大目に見ていただけることも多くなります。

また、近年では引越し挨拶をしない人も増えてきているようです。
特に女性の一人暮らしの場合は、引越し挨拶をすると女性一人であることを知られてしまうという一面があります。
そのため、防犯や治安の面からも一人暮らしであることをなるべく周りに知られない方がいい、という考え方もあります。
ご近所と常日頃から親しくしていればいざという時も安心、というのとは逆の考え方です。

どちらも正しくどちらも間違っていないので、それぞれの考え方や土地柄によって、また心配なら不動産会社や管理人さんにその土地の様子を聞いてみるなどして決めましょう。